採用情報

日本財団在宅看護センター豊岡リハビリ対応型訪問看護ステーションでは、看護師やリハビリスタッフ、ケアマネージャーなど一緒に働く仲間を募集しています。まずは、我々の会社のこと、訪問看護に対する想い、そしてこの町のことを少し説明させてください。

私たちの会社のある兵庫県豊岡市

採用情報

我々の事業所がある豊岡市は、兵庫県北部の中心都市であり、城崎郡城崎町・竹野町・日高町、出石郡出石町・但東町が合併した、兵庫県で最も面積が大きい市です。また、総人口8万1千人に対して、人口密度は117人/km2とほとんどが山や田畑が占めている自然豊かな地域です。

城崎温泉や竹田城を一度は聞いたことがある方も多いと思いますが、その他にも温泉やスキー場、海水浴場といった観光やレジャー、特産物に恵まれた土地でもあります。また、産業では、かばんの生産地としても知られています。国内生産のカバンの8割ほどが豊岡で作られていると言われており、市内には至るところにカバン屋さんや工場が見られます。

夏は海水浴にキャンプ、冬はスキーやスノーボード。休日や仕事の後には、そういった趣味を楽しむことができるのもこの地域で働く魅力かもしれません。

そんな自然豊かな兵庫県豊岡市日高町に私たちは、在宅看護センターを創りました。

日本財団在宅看護センター豊岡

採用情報

日本財団在宅看護センター豊岡は、2015年8月1日に兵庫県豊岡市日高町で立ち上がりました。現在は、看護師7名、理学療法士1名、作業療法士1名、事務2名の計11名で毎日切磋琢磨しています。

まずは、「訪問看護」と「訪問リハビリ」をアパートの1室の小さな事務所からスタートしています。
3期目には、古民家再生にてお家のような暮らしを提供できる施設を造り、高齢者、難病、精神疾患、小児疾患の方々を中心に地域を支えていきたいと考えています。

豊岡の在宅看護の現状

採用情報

人口減少、高齢化、中心市街地の衰退、生活習慣病、未成年者の自殺…。
これは、遠い地域の話ではありません。

私たちのステーションがある、豊岡市も過疎化が進み、駅前や商店街はシャッターが閉まっているところがほとんどです。観光地に観光客が増えても定住や移住する人はほとんどいません。

但馬地域の高齢者は、2010年で18万人と言われています。うち高齢者は5万5千人です。
15歳から64歳が「支える人」、65歳以上が「支えられる人」として見た時に、今は2人で1人の高齢者を支えています。ですが、それが2025年には1.5人に1人、2040年には1人が1人を支える状態になってしまいます。

現在の豊岡市は、約6000件の老老世帯(65歳以上のご夫婦だけ)があり、独居老人世帯は2000件ほどにもなっています。我々の事業所がある日高町でも老老世帯は約2500件、一人住まいは約820件と、3件に1件は若い人がいない状況です。

2025年には団塊世代が、後期高齢者である75歳を迎えます。75歳以上になると要介護者になりやすいと言われていて、今はなんとかなっていたとしても、2025年、2040年と移行するうちに、今のままではとても支えられるような状態ではなくなります。

少子化と看護の関係

採用情報

2025年には日本全国で46万人が見取り難民になると言われていて、このような状況の中で、独居を迎えないといけない人がたくさん出てきます。

特にこの但馬地域は、若い人が少なく少子化が激しく、病院にもいけない、施設にも入れない、最後を迎える場所がない人々が増えていきます。そして、訪問看護に従事する若い人はもちろんほとんどいません。

治療としての命だけでなく、
物語としての命を。

採用情報

但馬地域は、残念ながら「訪問看護」というものが、まだまだ認知されていません。 都会に比べると10年ほど遅れていると言われています。我々の事業所がある日高町に関して言うと、これまでは医師と介護サービスだけでなんとかやってきました。

では、なぜこの地域に「訪問看護」が必要なんでしょう。

現在、国は病院のベッドを減らす方針を打ち出しています。それにも関わらず、75歳以上の人が10年後にはぐっと増えるので、地域には病院に入れない方が溢れることになります。そこに医療依存度が高い方が家に帰って来ることになると、介護サービスだけでは対応しきれません。

そうなった時に、やはり医療もできる「訪問看護」という職業が必要になります。

生きてても楽しくないといった言葉を漏らされる高齢者の方も多く、自分の存在価値がなくなっておられます。それをもう一度立て直し、生・老・病・死における苦悩から一歩づつ幸せな時間を築き紡いでいき、これまでの人生を肯定的に捉え「人生これでよかった」と後悔のない人生を歩んで欲しいです。

治療としての命だけでなく、物語としての命を大切に人生を全うして欲しいと思っています。

私たちのやるべきことは、いかに若い人に帰って来てもらうかということと、在宅でも最後を迎えられるという価値観をみんなに持ってもらうこと。そして、安心して最後を迎えられる仕組みづくりを今から整える必要があると思っています。

私たちの
「訪問看護」に対する想い

採用情報

今、意思決定支援が必要だと言われています。

意思決定支援とは、最後をどのように過ごしたいのかという意志を事前に本人と家族が語りあうことです。

家族が本人の意思を何も聞いていなかった場合、病院に運ぶケースが多いです。本人の想いがどこにあるか分からず医療導入をする。それが、本当に本人が望んだ治療や医療なのか。だからこそ、もしもの時に備えて事前に話し合いをしていくということがすごく大事です。

家族がいる前で、本人がどこでどのようにどうやって過ごしたいかを伝えられていれば、自己決定能力がなくなった時に家族やケアチームの戸惑いは少なく、最後まで寄り添う力を発揮することができます。

そして、その人が住み慣れたお家で安心して少しでも楽しみを見つけて暮らしていけるか、それは本人だけの問題じゃなく家族にも一緒になって支えてもらわなければいけません。それにはとても体力が必要となってくるので、本人だけじゃなくて家族へのケアも提供していきます。

一人が揺れたら全体が揺れるんです。常に家族の中のどこが大きく揺れ動いてるところなのかを見ていかないといけません。

私たちだからできる看護

採用情報

スタッフ全員が目的意識を統一し、その人の物語としての命を中心としたケアを提供することを心がけています。また、地域の健康を護るという目的を持って活動しています。

私たちは、アロママッサージ等のタッチングケアを積極的にやっています。触れるということは、良いホルモンがたくさん出たり、自己治癒能力が高まったり、寂しさによる認知症状の方に効果的だと言われています。

看護の「看」って手と目って書きますが、きちんと手でできることをしたいのです。今の社会は人々が触れ合いにくくなっていて、認知症や病気にもなりやすいように感じます。

「介護」と「看護」の違い

採用情報

「看護」は、脈が速い、呼吸が浅い、唇の色が悪いなどといった症状の原因を探るフィジカルアセスメントを行い、その方にあったケアを提供します。

それができるようになるためには、その日のことだけでなく普段からのコミュニケーションで、わずかな違いにも気づける関係性を作らないといけません。

意思決定支援のように、本人の方はもちろんご家族の方、医師やヘルパーさんたちともコミュニティを形成していかなければなりません。この仕事をするうえで大切なのは「人と人のつながり」だと思います。

研修制度

必要に応じて日本財団の在宅看護ネットワークを利用して、研修や勉強会にも参加してもらっています。
▶ 日本財団
▶ 公益財団法人笹川記念保健協力財団

目指すところ

採用情報

日本では死をネガティブに捉えがちですが、今まさに多死時代へと進みつつあります。

そうなると死が苦しみでしかなく、苦しみにしかならない。でも、生き切った人生もあるので、ネガティブな視点だけで見るんじゃなく、ずっと生から繋がって来た死であって、家族にも本人にも「いい人生やったね」って、思えて死を迎えれる、それも準備だと思います。

それを私たちがお手伝いすることで、家族も本人との時間の関わり方が変わってくるし、本人自身も毎日の考え方や生き方も変わってくると思います。だから、そこには大きな役割がありやるべきことがあると私は思って、始めました。

最終的な意義は、ヘルスの本質を突きたいのと看護の本質を突きたいんです。
私が動くことで看護という仕事がすべきことと、ほんとの健康ってどういうことなのかってことを地域にもみんなにも知って欲しいということをすごく思っています。そして一緒に働く看護師さんにも、もっと看護でできることを突き詰めて欲しいなって思います。

看護師がもっと地域の中で動くことで変えていけること、もっと早く動くことで予防できることがたくさんあるかもしれません。だから、ただ病気の人がいる、そこをケアするのはもちろん大事だけど、もっと大きい部分から動いていけるような看護師としての意識を持ちたいし、持って欲しいし、看護師は持つべきだと思います。

地域の保険医療を支えたい、但馬の人々の生活に笑顔を増やしたい方、
まずは応募と肩ひじ張らずに、一度ざっくばらんに、私たちとこの地域のこと、看護の将来のことをお話ししてみませんか?

Uターン、Iターン、Jターンの方も大歓迎です。